自営業者や会社社長が事業資金を消費者金融で借りる方法

MENU
RSS

自営業者や会社社長が事業資金を消費者金融で借りる方法

自営の人や会社の社長は資金繰りに苦慮する事もあり、銀行で融資を受ける人も多いですが、一方では銀行から融資を受けられない経営者も多いようです。

 

銀行の審査が厳しい要因として、今までに借入の実績が無いという事も挙げられます。そしてその場合には会社の安定した売り上げや、利益、ある程度の資産を求められます。それらの事柄においても銀行の定める基準に達していない場合には、厳しい審査結果となるという事です。

 

そんな時には大手消費者金融の事業者専用のローンがあります。通常の消費者金融のカードローンは、借りたお金の事業性のある使い道については禁止をされています。それでもこのような事業者用のカードローンを利用する事で、事業性資金として借りたお金を活用する事ができるのです。

 

 

 

【事業用カードローンを利用したい時、借入れができる消費者金融】

 

大手消費者金融であるアコムやプロミス、アイフルでは事業者用カードローンの取り扱いを行っています。一般的に事業者専用ローンの金利は通常のローンよりも高いという事が言われていますが、こちらの3社の事業者ローンの場合は通常の消費者金融のカードローンの金利と変わりません。審査に通る事ができれば、その後は借入限度額の範囲内で何度でも通常のカードローンのように借入れができます。

 

通常のカードローンの使い道として、事業資金としての利用が禁じられているというのは、消費者金融だけではなく銀行カードローンも同様となっています。カードローンのような自由な利用方法を希望するのであれば、消費者金融の事業者専用ローンの利用が良いかも知れません。

 

アコムでは、「ビジネスサポートカードローン」という商品があり、借入限度額は300万円となっています。またプロミスでは「自営者カードローン」で借入限度額は同じく300万円、アイフルでは「事業サポートプラン」で借入限度額は個人事業主を対象とした貸付けでは250万円、法人では300万円となっています。

 

 

 

【自営業者や法人の社長が生活資金を借りる場合】

 

自営の人や法人の代表となっている人がお金を借りる場合には、銀行カードローンの申込みについては厳しいと言えます。それでも消費者金融では借入れができる可能性もあります。申込み当初の限度額は30万円と少なめになる可能性はありますが、利用の実績を作って行く事で増額も可能になるでしょう。

銀行に借金をしている場合は個人再生をする

銀行に借金をしている場合は、個人再生をするとその銀行口座をストップされることがあります。だから、先手を打ってお金を引き出しておいた方が無難です。銀行は自分が損をしないように、口座を凍結してその預金をおろせないようにしてしまいます。口座を凍結するなんて人でなしだと思うかもしれませんが、銀行側から見れば、反論を受け付ける必要はないことです。お金を早く返すと得をする制度を利用した場合、ATMからクレジットカードで借りたお金のお金を借りている時間を短くしたり、総返済額を劇的に減らすことができるかもしれません。

 

でも、融資の契約内容によっては繰り上げ返済が不可能な場合やある限度以上の金額でないと繰り上げ返済ができないこともあるので注意してください。

 

 

何社まで融資を受ける先を利用していいのかというのは割りと悩みどころでもあります。

 

お金を融資してもらっていることをばれないように・・

数多くの融資を受けていると返納が難しくなってしまいますが、どうしても借り受けたいなら複数以上のご利用でも問題ありません。序々に条件は難易度を増しますが、審査を切り抜けることができれば役立てることができます。

 

 

 

学生だって主婦だってキャッシングを使えることもあり!なんです。ただし、それが家族や親にバレないようにするのが結構難しい。
たとえばパートなどをしている場合、月々給料をもらっている場合、キャッシングできる場合がほとんどです。
一定収入のない、たとえば、専業主婦の場合でも、収入証明などでご主人の収入が証明できると貸してくれる業者もあるんです。申し込みするときに同意書を必ず提出しなければならない場合もかなりあります。学生ローンを利用してお金を借りたことを内緒にすることは、個人情報保護方針をしっかりしていないと難しくて、親バレの危険性は高まります。キャッシングをしたとすると返済日までに借り入れ額に利息を加えた額を返済をしていかなければいけませんが、一度だけでも延滞をすると業者から一度で支払いを要求されることもあります。

 

 

 

ですから、金額を用意できないときはまず業者に伝えておくとよいでしょう。急な督促が来ることはなくなり返済計画についての相談にものってくれます。

 

給料日までお金を借りたい学生

給料日までの生活費が足りなくなってしまった時はキャッシングを使って、現金を手に入れることを考えるべきです。

 

その時、学生でキャッシングをさせてくれる会社と契約するのですが、安心しておすすめできるのがアコムです。

 

テレビでもアコムのCMをよくみかけますし、信頼できる消費者金融なのです。

 

契約はその日のうちに完了する場合もありますので、簡単にお金を借りることができますからバレる心配はないです。近頃のキャッシングは時が経つにつれて便利さを増しており、スマホから24時間いつでも気軽に借りることができるので、利用者が増えています。
店頭に行かなくても、スマートフォンがあればどこにいても申込みを行うことが可能です。Web審査も短時間で受けられますし、契約手続きもすべてスマートフォン1台だけでできるのです。お金を借りたいが終わった後は、携帯の支払いで分割ができない状態になります。

 

携帯料金を分割してお金を借りれるローン

これは携帯の料金の分割ということが、お金を借りることに当てはまるためです。
ですから、携帯電話を購入したいのであれば、一括払いで買うことにするしかないのです。

 

一括返済を認めている少額のキャッシングなら、利息のかからない期間を設けている金融業者を活用するとよいでしょう。利息のかからない間に全額を返済してしまえば、利息なしで済みますからかなり利用しやすくなります。

 

もし返済を一括で行わなくても、無利息期間の制度のある金融業者の方が有利にキャッシングできる場合が多いので、比較する際には、念頭に置いてください。任意整理を依頼する費用の相場っていくら位なのだろうと疑問に思ってネット環境を使って調査した事があります。

 

自分には多くの借金があって任意整理をしたかったからです。任意整理に必要な費用には幅があって、依頼する所によってバラバラだという事が判明しました。

 

学生ローン 親バレ